私の場合、髭が濃く、シェーバーだと後が残ることが多かった

カミソリ派の理由について

 私はカミソリとシェーバーを両方ともある程度の期間使った上でカミソリの方が良いと思っています。私の場合、髭が濃く、シェーバーだと後が残ることが多かったです。しかし、カミソリだと後が残らず、しっかり剃れていることが多かったです。そして、しっかりと剃るために6枚刃の替刃を使っています。そして、軽くて小さいため、持ち運びが簡単にでき、どこにでも携帯していけることも魅力です。自分にとってはこれらはシェーバーには無い魅力でした。

シェーバーのデメリット

 シェーバーはカミソリより後が残りやすく、髭が濃い人にはあまり向かないと思っています。さらに、持ち運びも通常の重さとサイズを考えるとあまり手軽には持ち運びができません。又、カミソリと違って充電をするか電池が無いと使えないことや髭のカスの処理などが手間になります。これらは人によっては苦ではありませんが、髭が濃く、持ち運びといつでもすぐに使用したい自分にとってはデメリットでしかありません。だからこそ、それらを全て解決できるカミソリを使用しています。

カミソリ、シェーバーのそれぞれの金額面

 現在使用しているカミソリと以前使用していたシェーバーの金額面を見ていきます。シェーバーはある電気屋で8000円ほどで購入したものを使用していました。そのシェーバーは充電式だったので、約8000円の本体+電気代がかかった金額です。カミソリの方は1500円ほどの本体と4つ入りの6枚刃の替刃を3カ月に一度程のペースで購入していました。クリームやジェルのような補助的なものは使用していません。本体約1500円+替刃1400円×4で一年間で約7000円ちょっと使っています。

自分にとってのカミソリの良さ

 私はカミソリかシェーバーかだったら断然カミソリの方が良いと思っています。ただ、その理由は自分に合っているからであって世の中全体でどちらが良いかは一概には言えません。使用用途や体の特性で非常にどちら派か変わってきます。私は、髭が濃いことに悩んでいた時期がありました。しかし、それは自分に合ったカミソリと刃に出会ったことで克服できました。その自分に合ったものが今あるからこそカミソリの方が良いと思え、自分にとって非常に使い勝手が良いものとなっています。

↑ PAGE TOP